校章

飯田市立座光寺小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0001 飯田市座光寺1717-3 TEL 0265-22-1404 FAX 0265-53-5304
学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2019 年 7 月 のアーカイブ

飯田市長さんへ表敬訪問

今日は6年生の混合リレー2チームが、牧野飯田市長さんと代田教育長さんにお時間を取っていただき、先日行われた『長野県小学生陸上競技大会』での結果と、Aチームは『全国小学生陸上競技交流大会』、Bチームは『東海小学生リレー競走大会』への出場を報告させていただきました。
市長さんからは「リレーは、バトンが上手につながることによって一人ひとりのタイムより、良いタイムが生まれる。それだけチームみんなの信頼関係や練習の成果が現れる競技だ。是非、今までがんばってきたことを生かし、精一杯やってきて欲しい。」との激励のことばをいただきました。
 全国小学生陸上競技交流大会出場のAチーム
 東海小学生リレー競走大会出場のBチーム

選手のみなさん、座光寺小学校全員・お家の皆様・地域の皆様の期待と応援に力をいただいて、全力でがんばってきてくださいね。

ページの先頭にもどる

1学期終業式の日の様子

昇降口の児童会本部のみなさんが書いてくれている黒板です。
昨日までのグズグズした梅雨空が一転、今日は真夏を感じさせる暑い日となりました。(でも、梅雨明けではないんですね)。1学期の登校日数は72日間。今日で1学期を終業します。
各学年、各クラスはそれぞれ、今日中にやっておきたいことや1学期最後の締めくくり、夏休みの指導、2学期への意欲付け、等が行われていました。
プールでは2年生2クラスが、国語と図工と体育?の合科学習のまとめとして「スイミー」の世界を表現していました。自分たちで工夫して作った”にじ色のくらげ”や”顔を見るころにはしっぽをわすれているほど長いうなぎ”や”見たこともない魚たち”を、友だちの音読に合わせて動作化して、より深く体感していました。プールサイドで上手にできたら、いよいよスイミーの世界⇒水の中(プールの中)でも表現して”見えない糸で引っぱられている”もより深く分かったようです。2時間みっちりスイミーの世界に浸り込んだ2年生たち。「おもしろかったぁ」「楽しかったよ」と全員大満足でした。

体育館では、5年生が倒立の練習をしていました。5年生は今年の運動会で組体操デビューをします。倒立は基礎の動きです。夏休み明けを見通して、休み中の自己練習にも意欲が持てたようです。

お客さまもありました。夏休み中に、6年生混合リレーAチームが、長野県代表として『全国小学生陸上競技交流大会』へ出場しますが、飯伊陸上競技協会の大坪様が、オリジナルTシャツを持って、選手の激励に来てくださいました。

たくさんのみなさんが応援してくださっていることが分かり、全国陸上へ出場する子どもたちも、大きな勇気をいただいたようです。ありがとうございました。

3時間目は全校で終業式を行いました。児童代表として2年生1名と4年生1名が、それぞれ自分の1学期をふり返ってくれました。友だちと活動して楽しかったこと、自分でできるようになったこと、がんばったことなど、とても充実した1学期だったことが語られました。

クラス替えの後、新しいクラスとして出発した5-1の学級通信から一部を引用します。
「日常の授業や自主的なレクを企画運営する活動を重ねるうちに”笑い”の質がだんだんと変わってきたことに、みんなは気付いているだろうか?担任は気付きましたよ。4月はまちがいや失敗を笑う声が多かった。でも、今はみんなで喜んだり楽しんだりする笑いが、とても多くなりました。相手の気持ちを大事にすることが一緒に生活する中で育ってきています。」

75日間の1学期で、241人の子どもたち、一人ひとりが大きく育ちました。
8月23日が、2学期始業式です。
お家で、地域で、楽しい夏休みを過ごしてきてください。

ページの先頭にもどる

7月のお花

今月もお花ボランティアの皆様が、素敵なお花を生けてくださいました。

お花ボランティアの皆様のおかげで、子どもたちも職員もお客さまも、季節を感じることができます。
ありがとうございます。

ページの先頭にもどる

座光寺祭り

今日は夕方から座光寺地区の夏祭りが行われました。朝から雨が降り、開催が危ぶまれましたが、地区の皆様の熱意が勝り、開催時刻が近づくと雨があがってきて、予定通りできました。(^_^)v
子どもたちもこのお祭りを楽しみにしており、ほとんど全員がお家の皆様と共に参加していたのではないでしょうか。特に今年は10周年記念ということで、目玉となる特別なイベントも2つ準備されていました。
お祭りに参加する人々が三々五々登集まってきて、雨もしっかり止みました。開会セレモニーのあとは、子どもたちの七夕行列でした。各地区ごとに願い事を書いた短冊を笹竹につるし、会場を1周します。お願い事、叶うといいね。

次は10周年記念イベント①「ニッチロー ショー」。飯田出身の物まねタレント、ニッチローさんのショーでした。見れば見るほど…イチロー選手そっくり!子どもたちも会場のみなさんも大喜び。ショーの後はニッチローさんのサイン入りボール争奪戦のじゃんけんゲームで盛り上がりました。記念のボールと共に、座光寺自治会が子どもたちのために始めてくださった「座光寺のお宝探検」スタンプカードも、大切にちゃんと持っているのが座光寺の子どものいいところです。

ニッチローさんに負けず劣らずがんばった、座光寺小金管バンドの面々。音楽会から半月余で、また演奏の腕を上げ、拍手喝采をいただきました。

着々とイベントが進むうちに、辺りが少し薄暗くなり始めた頃、竹宵に灯りがともされました。この竹筒にも子どもたちのお願い事が書かれており、小学校全員の筒があります。ろうそくの炎がゆれ、とても素敵な雰囲気でした。

灯がともされた竹筒の周りで「座光寺音頭」と「飯田りんごん」を踊りました。法被を着て、ステージ上で踊った子どもたちも大活躍でした。

辺りはすっかり暗くなり、10周年記念イベント②。麻績の舞台校舎へのプロジェクトマッピングが行われました。舞台校舎が青く、白く浮かび上がり、リニアの時代の幕開けを思わせる映像や、座光寺の良さがこれからも伝わっていくことを感じさせる映像、お楽しみの妖怪映像など、神秘的な中にも新しい時代を感じることができました。

そして、地区全体で盛り上がったお祭りも最後です。間近で見られる、大きな仕掛け花火があがりました。
 

座光寺の活力が集まり、知育力が感じられた「座光寺祭り」。
子どもたちは参加することで、座光寺の良さを体感し、故郷 座光寺を愛する子どもたちに育ちます。

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

ビブリオバトルに挑戦 (5年生)

5年生は国語の本を紹介する単元で「ビブリオバトル」に挑戦しました。ビブリオバトルとは、誰でも(小学生から大人まで)開催できる本の紹介コミュニケーションゲームです。3分間(公式では5分間)で本の紹介をして、読みたくなった本(チャンプ本)を投票で決定するというもので、「知的書評合戦」として最近人気急上昇のようです。
5年生は、学校図書館司書の先生に教えていただきながら、学年で取り組みました。

子どもたちは、思った以上に幅広い本をリストアップしており、びっくりでした。手軽に読めるのもから、かなり厚みのある本まで…。ファンタジー・冒険・ホラーなど、自分のお気に入りの一冊が紹介されていました。
紹介の内容も工夫されていて、その本との出逢い、自分とその本との関わり、自分のお気に入りの描写や台詞…、というように自分にとっての本が語られました。さらに、スピーチ力も必要で、どう話せば本の魅力や自分の感じた本のおもしろさが伝わるのかを考え、話す早さ、声の調子、視線などを工夫していました。
最後は「せーの!」で、読んでみたい本を指さしてチャンプ本決め。同じ本を指さし、1冊2冊がチャンプ本になったグループがあれば、全員が違う本を指さし、全員の本がチャンプ本になったグループもありました。

チャンプ本は、図書館司書の先生が昇降口に張り出してくれました。

お互いに競いながら紹介する「ビブリオバトル」。楽しみながら新しい本と出会い、またスピーチ力が養われ、話を聞く力にもつながる、楽しい学びの場だと感じました。さっそく、友だちに紹介された本を借りた人が何人もいます。昇降口前のチャンプ本紹介を読んで、他の学年の友だちも新しい本に興味が向くのではないでしょうか。

ページの先頭にもどる

菊の苗をいただきました

“麻績の里振興委員会”(地区を活性化させたり住みよい地区にしようとボランティア活動をされている皆様)の皆様が丹精込めて育てられた菊の苗を、児童一人ひとりにいただきました。
“麻績の里振興委員会”の皆様は、麻績の桜祭りを企画されたり、学校へ上ってくる山や地域の整備をされたり、明日の座光寺祭りの竹ぼんぼりを企画準備されたり、というような活動をなさっているそうです。
春には桜・秋には菊で座光寺が彩られるといいなあ、と願い、子どもたちもお家で菊を育てて座光寺を彩って欲しい、と毎年夏休み前のこの時期に、挿し芽から育てた菊の苗をプレゼントしてくださいます。
今日は、全校児童分苗を持ってきてくださり、全校児童に思いや育て方をお話しくださいました。

児童会長が代表で受け取った後「今日は、菊をありがとうございます。座光寺小学校では、全校が明るく笑顔になれるように、花を植えるなどして”花いっぱい委員会”が中心となって活動しています。今日いただいた菊で、座光寺地区をきれいに明るくできたらいいなと思います。」と挨拶しました。

今日いただいた菊の苗は、大きめな鉢や路地で育てると、全体がこんもりとドーム型になる、素敵な種類だそうです。秋にはきれいに咲かせた菊で、座光寺地区が明るくなるように、愛情込めて育てたいと思います。

ページの先頭にもどる

児童集会 エコ委員会

今日の児童集会はエコ委員会が、2学期すぐに行うエコ週間活動の内容を説明してくれました。週間中、地域や学校内に落ちているゴミを拾い、それを「リサイクルできる紙資源」「ビニール」「燃やすゴミ」に分別する、という活動をするようです。分別のための手作りごみ箱も、各クラスに配られます。

飯田下伊那のゴミ焼却方法が変わってから、燃やすゴミの量が大量に増えたと聞きますが、座光寺小学校の子どもたちは、このような活動を通しながら毎日の学校生活の中で、きちんと分別する意識が育っています。
『混ぜればゴミ・分ければ資源』を合い言葉に、環境を守るため、自分たちにできることに取り組む座光寺小学校の子どもたちです。

ページの先頭にもどる

飯田りんごんの練習 6年生

1時間目、どこからか威勢のいいかけ声とリズミカルな音楽が聞こえてきました。今日は何?、と音のする方へ行ってみると、視聴覚室で6年生が「飯田りんごん」の踊り方を練習していました。
保護者のみなさんの応援も得て、6年生は「飯田りんごん」にクラスで連を作って出場します。座光寺地区一員として、座光寺連の後ろで6年生だけで連を作ります。話によると小学生の連には、「優秀賞」「○○賞」のような表彰を受けることもあるとか??ならば、やはり入賞を狙いたくなるのが人情というもの。今日は踊りの達者な保護者の方にお師匠さんになっていただき、一糸乱れぬ踊りに仕上げていたようです。かけ声は「ざこうじ、6ねん、きずな」と、自分たちが児童会目標にしている合い言葉でした。

合い言葉の通り34人が強い『絆』で結ばれている素敵な6年生です。りんごんにも、楽しみながら参加し、やりきった感・大きな達成感を感じてくることでしょう。

ページの先頭にもどる

座光寺保育園 夏祭り

朝からちょっとウキウキ気分の1年生。その理由は…、近くの座光寺保育園の夏祭りにご招待されているから(^_^)v
「さようなら」をして一度お家へ帰ってから、夕方6時近くになると、お父さんやお母さんと一緒に保育園へ向かう姿が見られました。中には甚平や浴衣を着ている子もいて、保育園の夏祭りをとても楽しみにしていたんだなぁ、と感じました。
保育園の夏祭りをのぞきに行くと、オープニングは年長さんたちの威勢の良い竹太鼓と踊りで始まりました。みんな元気いっぱい。いっぱい練習したのかな?でも、演じている年長さんたちも楽しそう。見ている私たちもわくわくする演奏と踊りでした。来年4月には1年生となる皆さんです。頼もしさを感じました。
1年生は?
ちょっとお兄さんお姉さんの顔になって、年長さんたちを見守っていました。
周りには・・、あれあれ、1年生だけじゃなくもっと大きなお兄さんお姉さんたちも、たくさん集まってきていました。保育園の夏祭りは、小学生たちにとっても楽しい夏祭りで、見学したり参加させていただいたりしているようです。

これからも座光寺保育園の皆様と、しっかり連携を取りながら、子どもたちの育ちを見ていければと願います。

保育園の皆様、楽しい夏祭りをありがとうございました。

ページの先頭にもどる

全校音楽 アラジン

6月の音楽会は全校一丸となってテーマに向かって取り組み、大きな成果を感じることができたので、今日の全校音楽は「歌を楽しもう」をねらいに、ディズニー映画の「アラジン」を日本語と英語で楽しもうと計画されました。
事前に男女の関係なく、アラジンの部分を歌うかジャスミンの部分を歌うか、を自分の希望で決めていた子どもたち。まずは、いつも聴き慣れている日本語と英語で掛け合いながら歌いました。

それだけでも楽しい雰囲気になったのですが…
ここでアラジンとジャスミンが登場して、全部を英語で歌って聞かせてくれました。
役者はALTと音楽専科の先生方です。

本物の英語の迫力と素敵な歌声に子どもたちから大きな拍手がわきました。
その後、全校がアラジンチームとジャスミンチームに分かれて、英語の掛け合いの部分をパート練習し、最後にまた全校集まり、掛け合いの部分を歌って楽しみました。

英語で歌うのはちょっと難しかったけれど、よく知っているメロディーにのせて掛け合いを楽しむことで、英語で歌を歌うことの楽しさも感じられた全校音楽でした。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->