校章

飯田市立座光寺小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0001 飯田市座光寺1717-3 TEL 0265-22-1404 FAX 0265-53-5304
学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2020 年 6 月 のアーカイブ

6月のお花

梅雨に入りましたが、子どもたちの昇降口とお客様を迎える玄関には、お花ボランティアのみな様が今月もとても爽やかなお花を生けてくださいました。


お花ボランティアのみな様、いつもありがとうございます。

ページの先頭にもどる

縦割り班活動開始

座光寺小学校では1年生から6年生までごちゃ混ぜになってグループを作り、いろいろな活動をしながら全校が顔見知りになり仲良くなっていくのが伝統です。今年はコロナウイルス蔓延予防対策のため、この縦割り班活動ができずにいましたが、今日は初めての顔合わせ会を行いました。
はじめから指定された教室に分散して集合し、自己紹介をしたり、班の名前を決めたりして、今年1年間一緒に活動していく縦割り班の仲間と仲良くなりました。

これからこの縦割り班で、いろいろな楽しい活動をいっぱいしていきましょう。

ページの先頭にもどる

大豆の種まき 2年生

JAみなみ信州、県南信州農業農村支援センター、旭松食品、飯田市農業課、南信州・飯田産業センターでつくる「つぶほまれ大豆栽培・加工研究会」のお力をお借りしながら、生活科で大豆栽培に取り組もうと意欲を持った2年生の子どもたち。予定していた月曜日が雨で延期され、今日も朝から小雨が降っていましたが、1時間目には雨が上がるという予報を信じ、種まきを行うことにしました。そしたらなんと!、出発直前に雨が上がりました。子どもたちのお願いパワーはすごい!。
畑には自分たちが15㎝間隔に印をつけたロープを担任の先生が張っていてくれてあり、準備万端。
産業センターやJAの方に挨拶をし、種のまき方を教えていただきました。
「指のここまで穴を開けて、カニさん歩きで進むよ。」と教えていただいた後は、印を探し・まいて、の繰り返しでした。

はじめは「これでいいの?」と確認しながらおそるおそるの子どもたちでしたが、どんどん夢中になってきて、口数も減り、畑と自分の世界に浸りきっていました。

終わると「もう終わっちゃった!」「楽しかったー!」と、やりきった表情の子どもたち。あとは大きく丈夫に育ってたくさんの大豆が収穫できるように、しっかりお世話をしていきます。早く芽が出るといいね。

教えていただいた皆さんにお礼の挨拶をして、学校へ帰り着いた途端・・・、種まきの間全く降らなかった雨がザーザーと降り始めました。子どもたちの頑張りに、お天気も見方をしてくれたんですね。

ページの先頭にもどる

児童総会

児童総会が行われました。
会場を体育館にしてソーシャルディスタンスを確保したり、役員の発言席にビニールで飛散防止シートを設置するなど、児童会を引っ張る6年生がコロナウイルス感染症の感染予防対策をしっかり行ってくれました。

自分たち(子どもたち)の手で学校生活をよりよくする、そのためのアイデアを出し合ったり、工夫して当番活動を進めたりする児童会です。4年生、5年生は、先輩の姿を見て育ち、6年生になったときにはリーダーシップを発揮して学校をリードしていけるようになるんですね。(^_^)

児童総会が無事に終了した後は・・・

6年生全員が残り、児童会長が学年に挨拶した後、全員で片付けを行っていました。
役員だけではなく、6年生全員が座光寺小学校のリーダーです。

ページの先頭にもどる

視聴覚室のよしず

コロナウイルス蔓延予防対策のため、1年生が給食を2教室に分かれて食べる必要があり、1年生の隣の教室の6年1組が視聴覚室へ引っ越してくれています。しかし…視聴覚室にはエアコンが無い。暑い。少しでも涼しくするためには窓を全開にして、日差しが入らないように遮らなくては・・・。でも、よしずが風で飛ばないようにするにはどうしたらいいか??、と困っていたら、学校の工事に来ていた業者さん(飯田ボイラーさん)がご厚意でしっかり止めてくださいました。

高い場所での作業で、コンクリートの壁に釘を打つ作業なので、職員では手も足も出ませんでした。(>_<)
よしずがついたことで、ずいぶん涼しくなりました。ありがとうございました。
真夏、よしずだけでは暑さがしのげなくなったら…今年エアコンをつけていただいた教室へもう一度引っ越します…。

ページの先頭にもどる

PTA環境整備作業

昨日は梅雨の晴れ間で、朝から強い日差しが降り注いでいました。そんな中、朝7:00から保護者の皆様が集まり、学校中を綺麗にしてくださいました。

 

 

学校敷地内外の草取り、草刈り。

トイレ掃除、溝の泥だし。
 あそびの森遊具修繕。
保護者の皆様、本当にありがとうございました。
登校した子どもたちから「草が刈られてる!」「トイレがキレイ!」などの声が上がっていました。

  PTA作業が終わった後、地域の方が遊びの森入り口の時計を修理してくださいました。長針が外れてしまうなど、昨年度から止まったまま壊れていた時計がよみがえりました。子どもたちも「すごーい、直ってる。」「時計、動いてるよ。」と大喜びです。
ありがとうございました。

 

ページの先頭にもどる

玉虫・Zスタンプ・桜ガイドの写真

今日も、ご年配の地域のご婦人が子どもたちへ素敵なプレゼントを持って学校を訪れてくださいました。
ご婦人のお家の近くで、綺麗な生きている玉虫を見つけたので、子どもたちに見せてあげたい、とわざわざ届けてくださいました。一緒に座光寺商工会のZスタンプもたくさんいただきました。児童会で集めていて、1年に一度子どもたちが使えるものに交換しています。すごく有難いです。また、昨年度の桜ガイドの時、ご婦人にガイドをした子どもたちへとかわいい巾着袋に入れて写真をいただきました。

玉虫は昇降口に置き、子どもたちが興味深そうに見ています。
桜ガイドでご縁があった児童へ、写真は無事に渡りました。子どもたちもとても喜んで「桜ガイドやって良かった。また、頑張りたい。」と言っていました。

座光寺小学校は、やっぱり地域に支えられ、子どもたちは地域全体で育てていただいているなあと感じます。
地域の皆様、これからも座光寺小学校をよろしくお願い致します。

 

 

ページの先頭にもどる

手作りマスクの寄贈

学区内にお住まいのご婦人が「お子さんたちで使ってください。」と、かわいい手作りマスクをたくさん寄付してくださいました。男の子用、女の子用、少し小さめ、少し大きめ、と素敵なマスクでした。これから夏に向かい、少しでも涼しい布マスクは必需品になります。
1年生を中心に大切に使わせていただきます。
こうして、地域の方に見守られているんだなあと、大変有難く心強く感じました。

ありがとうございました。

ページの先頭にもどる

空気と水でロケット飛ばし

4年生が理科の「閉じ込められた空気と水」の学習のまとめとして、ペットボトルロケットを飛ばしました。
ペットボトルの中は空気と水だけ。空気入れのニードルを指したゴム栓でペットボトルの口を塞ぎ、空気入れで空気を送り込みます。そのうちにペットボトルの中の空気が圧縮され、中に入っていた水を吹き出しながらペットボトルが勢いよく飛びだしました。

思った以上に飛ぶペットボトルを見ているうちに、子どもたちの関心はすぐに水の量へと移りました。水を満タンにすると間際から水が漏れる上にうまく飛びませんでした。逆に水を入れない状態だと力なく浮き上がる程度でした。なかなかいい具合を見つけるのが難しかったです。

4年生では、空気の圧縮を直に感じ、一方で水は縮まないという認識で終わりますが、ロケットの実験で新たに感じていた「不思議」や「疑問」が、次の学年で学ぶ意欲につながっていくんだろうなと、感じさせてくれました。

ページの先頭にもどる

放送で全校音楽

朝行事の全校音楽。いつもなら体育館に全校が集まって、互いの響きを感じながら気持ちよく歌を歌うのですが、今の状態ではそうもいきません。音楽専科の先生が「今だからできる全校音楽」を考えてくれました。今年初めての全校音楽です。

放送室で、放送委員長・副委員長の2人の児童と音楽専科の先生がアナウンスしたり音楽を流したりしていました。
「教室の窓を開けて、友だちの机とはなるべく話して、楽譜を準備しましょう」
「音楽に合わせてテーマソングを口ずさみましょう。」

「これから流す音、どんな音が聞こえるかよーく耳を澄ませて聞いてみましょう。」
~ビデオの音~
「鳥の声、車の通る音、風の音が聞こえた人もいるでしょう。耳を澄ますってこういうことじゃないかな。」
「では、学校中、どんな音が聞こえるか。みんなで耳を澄ませて聞いてみましょう。」

学校中がシーンとして、いろいろな音が聞こえました。
風が木の枝をこする音、教室内の扇風機の音、外の鳥の声、自分の息を吸う音・・・。
素敵な時間が流れました。

最後に、もう一度テーマソングを口ずさんで放送による全校音楽が終わりました。
コロナ禍だからできないんじゃなくて、こんな状況の中でもできることを、これからも探していきます。

放送による全校音楽が終わった後、今口ずさんだ曲を外に向かってしっかり歌っているクラスがありました。
みんな、とても満足そうな顔でした。(^^)

 

 

 

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->