校章

飯田市立座光寺小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0001 飯田市座光寺1717-3 TEL 0265-22-1404 FAX 0265-53-5304
学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2021 年 2 月 のアーカイブ

6年生卒業プロジェクト メインイベント2日目

卒業プロジェクト2日目。午前中は、在校生への感謝を込めたアート作品を制作し、午後は保護者の方へ感謝を伝えることを2本の柱として活動しました。
グループごとにデザインしてある図案を見ながら、準備した型紙でどんどん作品を完成させていきました。

学校中の窓がステキなアートで彩られ、とても明るい雰囲気になりました。
明日登校した下級生たち、喜んでくれるかなあ。
午後は保護者の皆様に来ていただいて、学習発表会。
1年生からの思い出を学年ごとに写真や寸劇などで思い返しました。

そして、家庭科で作った袋と感謝の手紙をお父さんやお母さんにプレゼント。

最後に、「YELL(エール)」の合唱を聴いていただきました。マスクを着けたままだったけど、ステキな歌声が体育館に響き渡りました。

6年生の子どもたちにとって、いつまでも心に残る2日間であったことでしょう。そして、保護者の皆様にも6年間の子どもの成長を感じていただけたことと思います。
土日を6年生の子どもたちのために、いろいろな面でご配慮いただき応援していただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

ページの先頭にもどる

6年生卒業プロジェクト メインイベント1日目

6年生は、秋に東京方面へ修学旅行の予定をたてていましたがコロナで計画を変更し、1月に県内スキー場を目的地とした修学旅行を再度計画し直し、とても楽しみにしていましたが、県内全域に医療非常事態宣言が出されたことと飯田地域が感染レベル5に上がってしまったことを受け、前日に修学旅行中止を余儀なくされました。結局、宿泊での修学旅行はできませんでしたが、修学旅行に負けない思いで作りをしようと、6年生の子どもたちが自分たちで考え企画し、今日明日、土日の学校を6年生だけで貸し切り、この学年でしかできない思いで作りイベントを実行しました。今日はその第1日目でした。

体育館で始めの会。子どもたちの手によってスローガンと約束が確認されました。
スローガン
「みんなで協力し合って卒業プロジェクトを楽しみ お家の方に感謝を伝えよう」

そして、30分ごとに子どもたちのグループ(カンパニーまたは会社と呼ばれている)ごとの企画によるイベントが次々と提案され、子どもたちは本当に楽しそうに、そして協力し合い汗びっしょりになって学校中をくまなく使い、楽しんでいました。
おにごっこ会社が企画した「逃走中」。ミッションをクリアしないと、ハンターになりきった担任が放出されちゃうよ。(結局放出されて、背広着たハンターに追いかけ回されていました)

お笑い会社の企画。ノリ・ツッコミにみんなで大笑い。

お昼はちょっと贅沢に地元“松乃本店”の特性お弁当。本当は修学旅行で一緒に活動するハズだった班の友だちと、学校中好きな場所をチョイスしていただきました。

午後も楽しいイベントで盛り上がりました。
クイズ会社のクイズラリー。折り紙・切り絵会社。

チャレンジカンパニーは障害物競走+借り物競走を企画。
借り物として「校長」「四つ葉のクローバー」などのミッションもあり、一筋縄ではいかない工夫もされていました。

中遊びカンパニーはジェスチャーゲームを企画。

そして室内会社が企画した全員参加型“だるまさんが転んだ”。

みんなで夢中になって遊びまくった1日。あっという間に過ぎてしまいました。
最後は暗くなった校舎を班ごとに懐中電灯1個で廻る、お決まりの「肝試し」で締めくくりました。
卒業プロジェクトは明日も続きます。

 

ページの先頭にもどる

学校運慶協議会と4年生人形劇最終公演

今年度最後の学校運営協議会が行われました。
ご参加いただいた学校運営協議会委員の皆様からは
「コロナ休校が続いたあと、この学校運営協議会の中で語られた保護者の不安の声を“子どもを語る会”に取り上げることができ、地域フォーラムへ広がり、地域の消毒ボランティアの活動につながった。また、その姿が保護者も消毒ボランティアに参加する姿へ繋がり、大人が自分たちのために活動してくれている姿を見た子どもたちの自発の消毒活動につながった。大きな成果を感じた。」
「地域の子どもは地域で育てる。座光寺で脈々とつながっているこの風土と気持ちを大事にしていきたい。」
「学校が今年取り組んだ、1学年1クラス(2人担任)の考え方が良い効果をあげた。この取り組みは、異年齢での繋がりを生むきっかけとなるし、ひいては学校が一つにまとまることができる。」等の大変肯定的なご意見をいただきました。また、「コロナで中止になってしまったことは仕方ないが、地区行事などもっと可能性を話し合い、地域で子どもを育てていきたい。」「学校で生き生き過ごすため、家庭や地域で自信をつけ、自己肯定感を高めることが大切。」などの貴重なご意見もいただきました。
地域保護者の皆様に支えていただき、共に、子どもを中心に考え進んでいけると、大変有難く感じました。ありがとうございました。

学校運営競技会終了後、委員の皆様やご支援いただいた学校ボランティアの皆様をお招きして、4年生人形劇の最終公演を行いました。4年生たちは人形劇に取り組みはじめた時に「地域で学んだことを生かしストーリーを考え、地域の皆さんに観ていただき、地域の皆さんに喜んでもらいたい。」という強い願いを持っていました。夏休みの人形劇フェスタの座光寺地区文化祭も中止になってしまい、地域の皆様にご披露する機会無く今まで来てしまいましたが、今日はようやく地域の方に観ていただく機会となり、ワクワクと緊張でいっぱいの姿がありました。
校内で発表した時より、また一段と練習と工夫がされて、Versionアップしていました。(音楽で学習したお琴の生演奏が入っていたり、声も大きくはっきりしていたり、笑いをとるための台詞の言い回しとタイミングが上手になっていたり…)


地域の皆様は笑いながら楽しそうに観てくださいました。
「地域のことをよく調べていることが分かった。」
「これで終わりだなんてもったいないくらい。」
と、大きな拍手とあたたかな感想を寄せていただき、子どもたちも心から満足そうでした。

ページの先頭にもどる

飯田市交通少年団卒団式

飯田市交通少年団の卒団式が行われました。
飯田市交通少年団は、座光寺小・丸山小・追手町小・浜井場小の4.5.6年生希望者で組織されており、自分たちが模範となり交通ルールを守ることはもちろん、地域へ出て交通安全を呼びかけたり、大型店で啓発活動を行ったり、お年寄りの家庭を訪問して交通安全を呼びかけたりと、いろいろな地域貢献活動も行っています。
今日は、自分の意思で入団し、3年間交通少年団で活動した本校の6年生も胸を張って卒団しました。交通少年団の制服がよく似合い、とても誇らしげでした。

他の学校のお友だちもでき、小学校では経験できない地域貢献活動もとても勉強になったことでしょう。
3年間の活動、お疲れ様でした。

 

ページの先頭にもどる

きらり&そよかぜ学級のポップコーン販売

きらり&そよかぜ学級で学ぶ子どもたちが、自分たちで育てて収穫したポップコーンの販売を行いました。
収穫したものをそのまま売ることはできないので、指先を使って丁寧にもいで、一粒一粒選別し、重さを量り袋詰めにします。そして、一部は調理して売り、一部はレシピをつけて粒で売ります。事前に販売練習もしました。活動全てが学びです。

職員室に売り場も設置しました。休み時間、いよいよ販売開始。

「いらっしゃいませー。」「50円です。」「ありがとうございましたー。」元気な子どもたちの声とともに、あっという間に売り切れてしまいました。

「完売だあ。ばんざーい。」と喜ぶ子どもたちに
「買えなくて残念だったよ。また売ってくれるの。」という声も聞かれました。
次の販売があるといいなあ。

ページの先頭にもどる

座光寺商工会様より寄付をいただきました

昨年度もこの時期に座光寺商工会様より、子どもたちに役立ててほしいとご寄付をいただき、児童会で話し合い、みんなで楽しく使えるボールをかわせていただきましたが、今年も商工会祭の売り上げの中から、子どもたちのために、とご寄付を頂戴いたしました。

心のこもった大切なお金です。児童会を中心に子どもたちが話し合い、有効に使わせていただきます。
ありがとうございました。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->