校章

飯田市立座光寺小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0001 飯田市座光寺1717-3 TEL 0265-22-1404 FAX 0265-53-5304
学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

‘学年の様子’ カテゴリーのアーカイブ

6年生最後のクラス替え

 

昨夜、6年生担任二人が卒業証書に校印を押しながら、最後の点検をしていました。卒業式もいよいよ来週になりました。

 

 

今日は6年生が小学校最後のクラス替えをしました。登校してきた人からくじを引きで席を決め、1.2組シャッフルされたランダムのクラスとなります。6年生の子どもたちも、ワクワクドキドキ、ちょっと嬉しそうでした。
そしてクラス替えをした教室では…、即席のグループで「将来の夢」を発表し合う授業が両クラスとも同じ内容で進められていました。

1学年2クラスしかない座光寺小学校です。学年全員が仲の良い友だちとして卒業します。大人になっても力を合わせて地元を愛し地域を支えていって欲しいなと願います。

ページの先頭にもどる

6年生卒業プロジェクト メインイベント2日目

卒業プロジェクト2日目。午前中は、在校生への感謝を込めたアート作品を制作し、午後は保護者の方へ感謝を伝えることを2本の柱として活動しました。
グループごとにデザインしてある図案を見ながら、準備した型紙でどんどん作品を完成させていきました。

学校中の窓がステキなアートで彩られ、とても明るい雰囲気になりました。
明日登校した下級生たち、喜んでくれるかなあ。
午後は保護者の皆様に来ていただいて、学習発表会。
1年生からの思い出を学年ごとに写真や寸劇などで思い返しました。

そして、家庭科で作った袋と感謝の手紙をお父さんやお母さんにプレゼント。

最後に、「YELL(エール)」の合唱を聴いていただきました。マスクを着けたままだったけど、ステキな歌声が体育館に響き渡りました。

6年生の子どもたちにとって、いつまでも心に残る2日間であったことでしょう。そして、保護者の皆様にも6年間の子どもの成長を感じていただけたことと思います。
土日を6年生の子どもたちのために、いろいろな面でご配慮いただき応援していただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

ページの先頭にもどる

6年生卒業プロジェクト メインイベント1日目

6年生は、秋に東京方面へ修学旅行の予定をたてていましたがコロナで計画を変更し、1月に県内スキー場を目的地とした修学旅行を再度計画し直し、とても楽しみにしていましたが、県内全域に医療非常事態宣言が出されたことと飯田地域が感染レベル5に上がってしまったことを受け、前日に修学旅行中止を余儀なくされました。結局、宿泊での修学旅行はできませんでしたが、修学旅行に負けない思いで作りをしようと、6年生の子どもたちが自分たちで考え企画し、今日明日、土日の学校を6年生だけで貸し切り、この学年でしかできない思いで作りイベントを実行しました。今日はその第1日目でした。

体育館で始めの会。子どもたちの手によってスローガンと約束が確認されました。
スローガン
「みんなで協力し合って卒業プロジェクトを楽しみ お家の方に感謝を伝えよう」

そして、30分ごとに子どもたちのグループ(カンパニーまたは会社と呼ばれている)ごとの企画によるイベントが次々と提案され、子どもたちは本当に楽しそうに、そして協力し合い汗びっしょりになって学校中をくまなく使い、楽しんでいました。
おにごっこ会社が企画した「逃走中」。ミッションをクリアしないと、ハンターになりきった担任が放出されちゃうよ。(結局放出されて、背広着たハンターに追いかけ回されていました)

お笑い会社の企画。ノリ・ツッコミにみんなで大笑い。

お昼はちょっと贅沢に地元“松乃本店”の特性お弁当。本当は修学旅行で一緒に活動するハズだった班の友だちと、学校中好きな場所をチョイスしていただきました。

午後も楽しいイベントで盛り上がりました。
クイズ会社のクイズラリー。折り紙・切り絵会社。

チャレンジカンパニーは障害物競走+借り物競走を企画。
借り物として「校長」「四つ葉のクローバー」などのミッションもあり、一筋縄ではいかない工夫もされていました。

中遊びカンパニーはジェスチャーゲームを企画。

そして室内会社が企画した全員参加型“だるまさんが転んだ”。

みんなで夢中になって遊びまくった1日。あっという間に過ぎてしまいました。
最後は暗くなった校舎を班ごとに懐中電灯1個で廻る、お決まりの「肝試し」で締めくくりました。
卒業プロジェクトは明日も続きます。

 

ページの先頭にもどる

学校運慶協議会と4年生人形劇最終公演

今年度最後の学校運営協議会が行われました。
ご参加いただいた学校運営協議会委員の皆様からは
「コロナ休校が続いたあと、この学校運営協議会の中で語られた保護者の不安の声を“子どもを語る会”に取り上げることができ、地域フォーラムへ広がり、地域の消毒ボランティアの活動につながった。また、その姿が保護者も消毒ボランティアに参加する姿へ繋がり、大人が自分たちのために活動してくれている姿を見た子どもたちの自発の消毒活動につながった。大きな成果を感じた。」
「地域の子どもは地域で育てる。座光寺で脈々とつながっているこの風土と気持ちを大事にしていきたい。」
「学校が今年取り組んだ、1学年1クラス(2人担任)の考え方が良い効果をあげた。この取り組みは、異年齢での繋がりを生むきっかけとなるし、ひいては学校が一つにまとまることができる。」等の大変肯定的なご意見をいただきました。また、「コロナで中止になってしまったことは仕方ないが、地区行事などもっと可能性を話し合い、地域で子どもを育てていきたい。」「学校で生き生き過ごすため、家庭や地域で自信をつけ、自己肯定感を高めることが大切。」などの貴重なご意見もいただきました。
地域保護者の皆様に支えていただき、共に、子どもを中心に考え進んでいけると、大変有難く感じました。ありがとうございました。

学校運営競技会終了後、委員の皆様やご支援いただいた学校ボランティアの皆様をお招きして、4年生人形劇の最終公演を行いました。4年生たちは人形劇に取り組みはじめた時に「地域で学んだことを生かしストーリーを考え、地域の皆さんに観ていただき、地域の皆さんに喜んでもらいたい。」という強い願いを持っていました。夏休みの人形劇フェスタの座光寺地区文化祭も中止になってしまい、地域の皆様にご披露する機会無く今まで来てしまいましたが、今日はようやく地域の方に観ていただく機会となり、ワクワクと緊張でいっぱいの姿がありました。
校内で発表した時より、また一段と練習と工夫がされて、Versionアップしていました。(音楽で学習したお琴の生演奏が入っていたり、声も大きくはっきりしていたり、笑いをとるための台詞の言い回しとタイミングが上手になっていたり…)


地域の皆様は笑いながら楽しそうに観てくださいました。
「地域のことをよく調べていることが分かった。」
「これで終わりだなんてもったいないくらい。」
と、大きな拍手とあたたかな感想を寄せていただき、子どもたちも心から満足そうでした。

ページの先頭にもどる

大工さんと卒業制作

井坪工務店さんにご協力をいただき、6年生が卒業制作をしました。
本棚・ペン立て付き本棚・キャンピングローテーブル・野菜ストッカー・ウッドシェルフの5種類から自分で選んだ一つを作りました。

はじめにスライドを見ながら、木材や林業についてのお話を伺いました。今回は、短くて家を建てるのには使えない木材を利用していること。苗を作り、植える場所を整え植林し、枝を整えながら長い時間をかけて木を育て木材ができていること。材となってからも自然乾燥に長い時間をかけて、やっと家づくりに使えること。そんな木材を使った今日の卒業制作。みんなの生活をちょっと豊かにできるもの、愛着を持って使える物を作ってほしいいと、井坪工務店の大工さんたちが材料を準備してきてくださいました。

まずは材料の面取り。やすりで一つ一つの木材の角を削りました。こすってこすって・・・。みんな、普段以上に真剣に、でも楽しそうに時間をかけて丁寧に面取りをしていました。

そして、釘やネジを打つところに印をつけて組み立て準備。使い慣れない玄能やドライバーを握り、釘やネジを打ち込んでいきました。作る物ごとに担当の大工さんがついて、丁寧に作り方を教えてくださいました。釘が曲がってしまうと直してくれ、間違った場所に打ってしまうと釘抜きを上手に使って抜いてくれ…と、失敗しても必ず形になるように対応してくださいました。プロの手つきに「おお~!。」と声が上がる場面もあり、プロの技を目にするステキな機会にもなったようです。

最後は時間がやや足りず「間に合わないかなぁ」と心配しましたが、早く完成した人たちが次々とまだ完成しない友だちの手伝いをしてくれました。みんなの協力の姿で、全員が完成!!。


大事に作った作品、是非愛着の湧く物になるように、小学校時代の思い出と共に長く大切に使っていきましょう。
井坪工務店の皆様、ありがとうございました。

 

ページの先頭にもどる

児童会なかよし祭り

こんなコロナ禍でもできる『児童会なかよし祭り』を6年生が企画運営してくれました。
密を避けるために、昨日朝行事に開会セレモニーをリモートで行いました。今年は1年生を迎える会で活躍した麻績レンジャーたちが、またまた悪者に捕まってしまったので、みんなでゲームをクリアしながら麻績レンジャーたちを助けるパワーを貯める、というストーリーが作られており、楽しい雰囲気が盛り上がっていました。
今日は、密を避けるために始まりから仲よし班に分かれて行動しました。6年生は各委員会ごとにゲームを運営してくれているので、仲よし班のリーダーは5年生が務めてくれました。半分の5年生はクラスごとにゲームも企画していました。高学年5.6年生が児童会を引っ張っていてくれる姿がとても頼もしかったです。


なかよし委員会の大縄とび、保健委員会のばい菌やっつけゲーム、5年生の輪投げ・魚釣りゲーム、環境委員会のゴミ分別ゲーム、花いっぱい委員会の花の名前当てゲーム、図書委員会の本探しクイズ・・・いろいろな楽しい企画満載であっという間に2時間が過ぎていきました。

閉会式は仲よし班ごとに各教室へ入り、再びリモートでした。全校のみんながゲームをクリアして集めたパワーをもらい、麻績レンジャーたちが悪者と戦って、見事に勝利。座光寺小学校には良い子たちの平和な楽しい学校生活が戻りました。
全校が一堂に会さなくても、やり方を考えればこんな楽しい児童会祭りができるんだと実証してくれた6年生たち、ありがとう。

ページの先頭にもどる

おやす作り(6年生)

お正月を迎えるためのお飾り「おやす」を、6年生が地域のおじいちゃん方に講師になっていただいて作りました。
神様へ食べ物を供えるための器になる“おやす”を稲藁で編み上げていきます。慣れるまでは??だった6年生の子どもたちでしたが、講師の皆様に、手を取り丁寧に教えていただいて、コツをつかむと、スイスイと編み上がっていきました。

できあがった“おやす”に、松を一枝と幣束をつけてできあがり。
子どもたちは自分で作り上げたおやすを家の玄関に飾って新年を迎えます。
卒業まであと3ヶ月の6年生たちにとって、新年は素晴らしい年になることでしょう。


学校の玄関にも松飾りをつけていただきました。
あと4日間で2学期をしっかり締めくくり、新年を迎えたちと思います。

おやす作り講師の皆様、ありがとうございました。

ページの先頭にもどる

4年生人形劇「善光と二匹の龍」

4年生が2クラス合同で総合的な学習の時間の柱として取り組んできた人形劇、第1回目の発表を行いました。
大堤には昔2匹の龍が住んでいた、という地区に伝わる昔話にアイデアをもらい、今まで自分たちが積んできたふるさと学習で得た知識(麻績の桜ガイド・ジャコウアゲハ・座光寺まんじゅう・善光…)を上手に組み込んで、オリジナルストーリーが創りあげられました。
武田人形館の水上先生に講師をお願いし、糸操りの人形作りから動かし方や演じ方まで何回もご指導をいただきました。今日は「かざこし子どもの森公園」の施設をお借りして、初公演を行いました。観客の皆様は、畳1畳に1家族、のように感染予防に配慮しての公演となりました。

演じ終わったあと大きな拍手をいただき、ようやく緊張が溶けて笑顔になった子どもたちでしたが「台詞を言うときの声が小さかった。」「早口になっちゃった。」「人形の向きまで考えて、まだ、上手に動かせなかった。」「もっと人形を大きく動かしたい。」など、次へ向かっての課題も見えてきたようです。
3学期も人形劇の活動は続きます。課題を解決して、また一回りヴァージョンアップした発表を、全校で見せてもらうのを楽しみにしています。がんばれ、4年生!。

ページの先頭にもどる

消防署見学(3年生)

3年生が公共交通機関を使って、消防署の見学に行ってきました。コロナ禍で、学習進捗状況と消防署の日程を合わせたら12月になってしまい、寒さを心配しましたが、今日はポカポカ陽気で校外学習には最適の日になり、本当に良かったです。4年生で行う社会見学へ向けて係活動も取り入れ「遠足とは違う、学習するために行う見学」という目的をみんなで確認し合って取り組みました。

往復に乗った電車の中では、公共交通機関を使うときのマナーについて学習していたので、一般の方も乗っている姿を見ると席に座らずに立っていたり、静かにしていたりする姿が見られました。

 

 

メインの、消防署の見学では、珍しい女性の消防士さんが説明してくださいました。消防は男性が活躍するイメージなので、女性の消防士さんが活躍している姿は、とても印象に残ったと思います。丁寧に、消防署内の部屋のこと、消防車のこと、救急車の事などのお話を伺うことができました。外での見学では、はしご車もよく見える場所まで出してくださり、はしごも伸ばして見せてくださったので、みんな目を丸くして大興奮!。地上15メートルの高さから見る写真も撮ってくださいました。また、子供用の消防服を着て、班ごとに記念写真も撮らせてくださいました。

 

消防署の皆様、ありがとうございました。

消防署を後にして動物園へ行き、お家の方の愛がこもったおいしいお弁当を食べ、動物たちを見て回りました。

今日の社会見学は、班長はもちろん、美化係や保健係もいて、それぞれの仕事をしっかりしていました。班行動で動物園を巡り、時間になったらきちんと集まる素晴らしい姿もありました。4年生へ向けての大事な1歩となりました。

 

 

 

ページの先頭にもどる

地震体験車で防災教育(4年生)

毎年4年生に、地震体験車に来てもらって大地震の揺れを体験したり大地震に対する心構えを伺ったりする防災教育を行っています。
今日がその日。はじめは興味津々の4年生でしたが、いざ、大地震の揺れを体験してみると・・・。

笑顔も周りを見渡す余裕も消え、振り落とされないように必死で椅子にしがみつくしかありませんでした。
学習が終わった後の児童の日記には
「私は地震体験車に乗って、正直楽しかったのですが、震度6.7ぐらいの地震がおきたら、とてもおそろしいことになると思いました。なぜなら、モニターを見て、震度7では、こんなことになってしまうんだということが分かったからということと、自分が体験して、私も体の大きい友だちも浮いていて、とても大きい地震だと分かったからです。地震を防ぐことはできないので、地震が起きたときに準備しておいた方がいい物や必要なことを考えました。考えて思ったのは、教えてくださった後藤さんが言っていたように、物がたおれないように固定することが大切だなあ、あと、もし一人で家にいたときにそなえて、ひなんする時に必要な物などを準備するのがいいんじゃないかと思いました。私は、地震だけじゃなく、火災・水害にそなえて、準備を計画的にしていきたいです。」

災害はいつ起こるか分かりません。命を守るため、準備や心構えをつくる防災教育は今後も大切にしていきます。

ページの先頭にもどる