校章

飯田市立座光寺小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0001 飯田市座光寺1717-3 TEL 0265-22-1404 FAX 0265-53-5304
学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

‘2学年’ カテゴリーのアーカイブ

科学実験教室(2.3.6年生)

座光寺公民館育成部の皆様が「おもしろ科学工房」の方に講師を依頼して、座光寺小学校の子どもたちに科学実験教室を体験させてくださる「科学実験教室」が今年も行われました。
6年生は手作りロケットの実験。カレンダーの厚地の紙で胴体を作り、パラシュートも取り付けました。実験教室の先生方が作り方の工程を一つ一つ丁寧に教えてくださったので、子どもたち全員がマイ・ロケットをしっかり完成させることができました。1校時から作り始め、時間がとれたので宇宙の話もお聞きしました。もし、地球が3ミリの玉だったとしたら、太陽は327ミリの玉になるそうです!つまり太陽は地球の約100倍も大きいと知りました。そして、休み時間。全校のお友だちが見守る中、電気や火薬の力を使って、6年生のロケットが全部無事に発射されました。全校で大いに盛り上がりました。

3年生は「液体窒素」を使ったマイナスの世界の実験をしました。物が凍ったり、形が変わったり、煙が出ていったりと、いろいろな現象が目の前で起こり、子どもたちはその一つ一つに感動していました。
ー子どもたちの感想ー
・液体窒素の中に風船を入れたらあっという間にしぼみました。おもしろかったです。またやりたいです。
・液体窒素を床にまくと粒になるのがおもしろかった。
・液体窒素はすごく冷たい。手を入れたら冷たくて痛いけど、手をさわったら逆にあたたかいです。

 

2年生は風や空気の力を使った実験でした。サーキュレーターやブロワーの風で空中に止まったように浮かぶ風船や、巨大空気砲に大興奮の子どもたちでした。夢中になって体験していると2時間があっという間に過ぎてしまいました。
「不思議な実験がいっぱいありました。私が一番おもしろかったのは、ちいさなふわふわのいろいろな色がある玉を、空気でっぼうでとばしたのです。いっぱい出てきて、いろいろな色のある雪の結晶みたいでした。 ー中略ー 今日はまるでふしぎ教室みたいでした。本当に楽しかったです。また何回もやりたいです。」

おもしろ科学工房の皆様、座光寺公民館の皆様、貴重な経験を子どもたちにさせていただき、本当にありがとうございました。これを機に科学や宇宙に興味を持つ子が増えると思います。

 

ページの先頭にもどる

1.2年生生活科「秋まつり」

2年生が、昨年自分たちが1年生の時に招待してもらってとても楽しかった経験から、今年2年生になったから1年生を招待して、生活科の楽しいお祭りをするんだ、と計画準備した「秋まつり」を行いました。2年生はこの日のために10月くらいから準備を進めてきました。お店となるグループ以外にも目を向けて、話し合いを重ねてきました。1組は買った商品で遊ぶ場所をどうするか話し合い、2組は買い物の時のお金をどうするか話し合いました。12組で交換会もして、お互いに困ったことを出し合い、解決方法を考え、より良い「秋まつり」を目指してきました。
「秋まつり」が始まると「じゃあ、この中から選んでください!。」と、お店屋さんらしく1年生に聞こえるように大きな声で話したり、一緒に作るお店では「穴をどこに空けたいの?。」と優しく聞いて一緒に作ってあげたりしていました。
1年生がお店に来なくなると「いらっしゃいませ~。このお店、楽しいよ-。」「今なら空いているよー。」など、呼び込みをして1年生が来る工夫をしている人もいました。

終わった後、1年生から「面白いお店がいっぱいあって良かった。」「楽しかったからまたやってほしいです。」など嬉しい感想をいっぱいもらって、大満足の1.2年生でした。そして、やり切った感満載の2年生の満面の笑顔(^o^)V

1年生にとっても2年生にとっても、すてきなお祭りになりました。

ページの先頭にもどる

1.2年生マラソン記録会

3.4年生のマラソン記録会の後、続いて1.2年生の記録会も行いました。
2年生の子どもの中には、練習からずーっと同じペースで走っている子がいました。去年のマラソンで、この子は全力で走って、疲れちゃうと歩いて、全力で走って、歩いて…を繰り返していました。今年の目標は1回も歩かないで走りきること。今日の本番では見事に目標達成できていました。

まず、男子がスタート。沿道では保育園のお友だちも大きな声援をおくってくれました。おけげでみんな最後までがんばることができました。

続いて女子がスタート。大きな声援をおくってくれた保育園のお友だちは今度は校庭へきて、より大きな声で元気づけてくれました。
走り終わった後、思ったように体が動かなくていい記録につながらなくて涙する子もいました。でも、本気で走ったからこそ悔しかったのだと思います。
1年生も2年生も、来年に向けて更に良い走りができるようにがんばっていきましょう。

 

ページの先頭にもどる

生活科遠足 2年生

1年生と同じ日に、2年生も生活科遠足へ行ってきました。歩くことよりも学ぶことがメインとなる2年生は往復電車を使いました。


飯田駅へ到着した後、最初の目的地は郵便局。がんばって書いたハガキを一人ひとりポストに投函すると、さっそく回収してそのあとどうなっていくかの説明をしてくださいました。郵便物を分けるところでは、流れてきたハガキや手紙がものすごいスピードで振り分けられていてびっくり。メモをいっぱいとって、一生懸命学習していました。自分で書いて投函したハガキがお家に届くのが楽しみです。
郵便局の後は中央公園でお弁当タイム。お家のみなさん、美味しいお弁当をありがとうございました。

見学最後は動物園。最初に全員で一周見て回り、次にじっくり見たい動物を選んでグループになり、その動物の絵をスケッチしました。スケッチでは「動いちゃダメ~。」「お願い、そのポーズで待ってて!。」と動物に話しかけている子もいましたが・・・通じたかな?

しっかり勉強し、しっかり楽しめた生活科遠足でした。

ページの先頭にもどる

エスバードで大豆の勉強

1.2時間目に2年生全員でエスバード(南信州広域連合、長野県工業技術総合センター、信州大学、(公財)南信州・飯田産業センターなどが連携し、航空機産業をはじめとする飯田下伊那地域の産業の高度化、高付加価値化を実現するための施設)へ出向き、大豆の種まきの時お世話になった皆様から、大豆の育て方について教えていただきました。
 
「大豆を食べると健康な体になるよ。」「みんなが蒔いた“つぶほまれ”という大豆は、長野県で生まれて、作って食べるのも長野県なんだよ。」と教えていただき、「へー、そうなんだぁ。」とうなずきながら聞いたり、メモをとりながら聞いたりして、みんな真剣に勉強していました。
大豆のお話を聞いた後は、エスバードの見学をさせていただきました。「まえに来たことあるよ。」というお友だちもいましたが、展示されている宇宙飛行船を見たり、飯田で作られている地場産品を見たりしながらいろいろ説明をお聞きし、もっと詳しくなれたのではないかと思います。

梅雨の間のめったにない晴れ間の日に出かけることができ、道中とても暑い中でしたが、交通ルールを守って楽しく安全に見学に行ってくることができました。
育てている大豆が、いっぱい実ってくれると嬉しいなあ。

 

 

ページの先頭にもどる

プール(水泳)授業が始まりました

7月初旬に子どもたち全員の内科検診が済み、7/6に放送でプール開きはしたものの、雨続きで実際に水に入ることができずにいましたが、昨日今日の雨間を見計らって、待ちに待ったプールへ入ることになりました。
とは言え、雨は降っていないものの今日も朝からどんよりした曇り空。肌寒いんじゃないかと心配しましたが、水温気温共に基準がクリアされていることを知った子どもたちは「どうしても入りたーい。」の大合唱。学校で水泳授業を行う期間と時数も限られているので、「よし、じゃあ、入るか。」と担任たちが心を決め、2年生が今年初めての水泳の授業を行いました。

着替えの更衣室に人数制限したり、プールサイドの待ち位置は1メートル間隔をとったり、コロナ感染予防のためにいろいろな制約はありますが、プールサイドの子どもたちの顔はニコニコしていました。
「大きい声は出しません。」「マスクを外したらしゃべりません。」としっかり指導されているけど、冷たいシャワーではつい「ひゃー。」「あ~。」などの声が出てしまいます。でも、子どもたちはあわてて口を押さえ「しまった、しまった。」の表情。

安全に最大限の配慮をしながら、水泳授業でつける学力をめざし、各学年取り組んでいきます。

でも、はやく気持ちよく晴れた日にいっぱい泳ぎたいな。

ページの先頭にもどる

明日は たなばた

明日は七夕です。昇降口に1年生が七夕飾りを飾りました。色紙を使ってのお飾りづくりは、2年生が先生となり、1年生に教えてくれながら一緒につくりました。2年生は自分たちが1年生だったとき、やっぱり一つ上の学年のお兄さんお姉さんが一緒につくってくれたり、作り方を教えてもらった経験があります。ちゃんと覚えていて「嬉しかったから自分たちも下の学年にやってあげよう。」と意欲を持ったそうです。こうして、子どもたちの繋がりができて伝統になっていくんだなあ、と嬉しくなりました。

短冊には1年生が覚えたてのひらがなで、一生懸命お願い事が書いてありました。

「もっとあしがはやくなりますように」
「かぞくがながくいきられますように」
「やきゅうがうまくなりますように」
・・・
どの子の願いも本当に素敵で切実な願いだと思います。
どうぞ、みんなのお願いが叶いますように。

ページの先頭にもどる

大豆の種まき 2年生

JAみなみ信州、県南信州農業農村支援センター、旭松食品、飯田市農業課、南信州・飯田産業センターでつくる「つぶほまれ大豆栽培・加工研究会」のお力をお借りしながら、生活科で大豆栽培に取り組もうと意欲を持った2年生の子どもたち。予定していた月曜日が雨で延期され、今日も朝から小雨が降っていましたが、1時間目には雨が上がるという予報を信じ、種まきを行うことにしました。そしたらなんと!、出発直前に雨が上がりました。子どもたちのお願いパワーはすごい!。
畑には自分たちが15㎝間隔に印をつけたロープを担任の先生が張っていてくれてあり、準備万端。
産業センターやJAの方に挨拶をし、種のまき方を教えていただきました。
「指のここまで穴を開けて、カニさん歩きで進むよ。」と教えていただいた後は、印を探し・まいて、の繰り返しでした。

はじめは「これでいいの?」と確認しながらおそるおそるの子どもたちでしたが、どんどん夢中になってきて、口数も減り、畑と自分の世界に浸りきっていました。

終わると「もう終わっちゃった!」「楽しかったー!」と、やりきった表情の子どもたち。あとは大きく丈夫に育ってたくさんの大豆が収穫できるように、しっかりお世話をしていきます。早く芽が出るといいね。

教えていただいた皆さんにお礼の挨拶をして、学校へ帰り着いた途端・・・、種まきの間全く降らなかった雨がザーザーと降り始めました。子どもたちの頑張りに、お天気も見方をしてくれたんですね。

ページの先頭にもどる

1.2年生 梅とり

校庭フェンスの外柄に梅の木を発見して、昨年埋めとりをして、梅ジュースや梅漬けを作り堪能した経験を持つ2年生が、今年も1年生を誘い、今日は1.2年生合同の梅とりを行いました。
今年初めての1.2年生交流なので、最初はお互い緊張しまくりの様子・・・。1.2年生が並ぶと体格も行動もとても頼もしく見える2年生でした。1年間の成長は大きいなあと感じました。

フェンスを出たところは急坂の土手面になっています。おそるおそる坂を下っていく1年生に「大丈夫?」と手を差し伸べる2年生。その姿を見て仲間を助ける1年生も出てきました。こうやって友だちを思いやったり人のために行動したりできるようになるんですね。

 

 

梅とりを始めると1年生も2年生も梅とりに夢中。「緑色の梅と黄色の梅がある。」「あそこに大きい梅があるよ!」と両手いっぱいにとっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

たらい一杯に採れた梅を眺めながら、「これで飲みきれないくらい梅ジュースができるね。」と満足そうな子どもたちでした。
自分たちで採ったものをいただく喜びを味わう、貴重な体験がこれからもたくさんできるといいです。

 

 

ページの先頭にもどる

1.2年生防犯教室

昨日、飯田警察署飯沼交番の方とスクールサポーターの方を講師にお迎えし、今年は特に注意喚起が必要な1.2年生対象に防犯教室を行いました。例年全校対象で行っているのでロールプレイ(実際の場を想像して演技しながら練習)の役は高学年だったのですが、今回は2年生にその役がまわってきました。車から声をかけられた場面、後ろからついてこられた場面をやってみました。どちらの場面も代表の子たちはドキドキして、声をかけられたら固まってしまい、思うように動けなくなってしまったようです。また、警戒しながらもどのタイミングで逃げればいいか、迷ってしまったようです。実際に不審者に声をかけられても固まってしまうかもしれないなと思い、だからこそ、このような学習を毎年重ねていく大切さも感じました。

不審者には「簡単に近づかないこと」「距離をとること」や「車に乗らない」「ついていかない」という基本的なことや、「写真を撮られそうになったら顔を隠す」「車と反対方向に逃げる」「ランドセルをつかまれたらランドセルを置いて逃げる」など、細かな対処方法まで指導して頂きました。
このような学習を大切に繰り返し、自分の命は自分で守れる子どもを育てていきます。

ページの先頭にもどる