校章

飯田市立座光寺小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0001 飯田市座光寺1717-3 TEL 0265-22-1404 FAX 0265-53-5304
学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

‘5学年’ カテゴリーのアーカイブ

お米収穫のお祝いの会2

米作り学習発表会は、参観に来てくださったお家の皆様にも見ていただくことができました。調べたことを、10月から飯田市教育委員会で一人1台貸してくださったタブレットの「スライド」というプレゼンテーションを使って子どもたちがまとめ、班ごとに発表しました。
子どもたちがタブレットを使いこなす頭の柔らかさと吸収力には脱帽です。ある程度ページができあがってきたら、文字や図形に動きをつける「アニメーション機能」も誰かが発見して、子どもたち同士で教え合い、あっという間にクラスみんなが使えるようになっていました。発表のICT機器操作も、もちろん子どもたちが完璧にこなしました。
ー子どもの声ー
・「スライド」は写真の大きさを変えたり文字を打ったりすることは難しかったけど、工夫して良いプレゼンができたので良かったです。
・「スライド」では、本やネットで調べて自分なりにとても良い発表ができた。昔の農具について少しくわしくなったと思う。
・お米作りを通して、大変だったけど、作業は楽しかったし、前よりお米に興味が持てました。
・お釜で炊いたお米は、とてもおいしかったです。いろんな作業を積み重ねてやっとお米がとれることを知れました。家でもたくさん食べたいです。

この1年間の米作り体験や学習を通して、いろいろな収穫があった5年生でした。

ページの先頭にもどる

お米収穫のお祝いの会

5年生が「お米収穫お祝いの会」として、お米作りでお世話になった方々をお招きし、自分たちで作ったお米を食べたり学習発表会をしたりしました。本来なら、毎年親子レクとして盛大に収穫祭をやり、お家の皆様にも一緒にお米を食べていただいていたのですが、今年は新型コロナのためそれも叶わず、本当に残念でした。いろいろ制限がある中でも、せめて子どもたちには、学校でみんなが協力して作ったお米を一緒に味合わせてあげたいといろいろ模索したところ・・・なんと!昼神温泉『清風苑』様のご厚意で、ホテルで使っている一人用卓上お釜を人数分貸していただくことができました。本当にありがとうございました!!。
お借りしたお釜にお米80㌘を仕掛けて、お昼12時に着火。自分の机上に置いた卓上お釜の火をじっと見つめていた子どもたちの顔が印象的でした。しばらくすると湯気が出始め、シューシューと蒸気が噴き出し…火が消えてから10分ほど蒸らし、30分ほどで美味しいご飯が炊き上がりました。
お釜の蓋を開けると、炊きたてご飯の良い匂いと共にツヤッツヤのご飯!。「わぁ、炊けてる!。」と感動の習慣でした。まず一口、ご飯だけを味わってみると・・・その味の美味しいこと(^o^)一粒一粒がふっくらしていて、お米の甘みを十分に感じることができました。炊飯器で炊くより格別に美味しく感じました。
一人ひとりホテル用のお釜で炊いたご飯をいただくという特別な体験に、子どもたちも大満足の様子でした。思い出に残る収穫お祝いの会になりました。

ページの先頭にもどる

5.6年生マラソン記録会

昨日とはうって変わって、今朝はちょっと先が見えないくらい深い霧が立ちこめていました。その中で、5.6年生のマラソン記録会を行いました。
さすがに5.6年生の走り方はたくましさと力強さを感じました。“記録”を意識して走り込んできた子どもたちが多くいました。2回の試走で出した自分のタイムを越せるようにがんばっていました。少しでも速く走ろうと、ゴールまで力を緩めずに走りきった子どもたちの姿に感動を覚えました。

気がつけば、6年生にいつも遊んでもらって6年生大好きな1年生も校舎の中で落ち着いて勉強なんかしてられなくて、コースまで出てきて一生懸命声援をおくっていました。学年を超えた仲の良さは座光寺小学校の宝です。
2日間にわたってマラソン記録会が行われましたが、学校目標の一つ「きたえる子」に大きく前進した子どもたちの姿でした。

さて、5,6年生の記録会が終了する頃には霧も晴れてきました。
精一杯走り終えた後の61組の子どもたちの顔も晴れ晴れしていました。

ページの先頭にもどる

5年生社会見学

1学期予定していた愛知県方面への臨海学習が延期になっていた5年生。10/30(金)に、目的地を県内へ変えて諏訪松本方面へ行ってきました。食事の時以外はマスク着用、バスの中での大きな声で会話は禁止(え~、バスの中のレク出来ないじゃん!?)、休憩PAでは全員手洗いとうがい、見学場所やバスに入るときは必ず手指消毒…。なかなか気をつけることや制限が多い旅行でしたが、全ては子どもたちの健康を守るため。添乗員さん、バスの運転手さんとガイドさん、見学場所で働く皆様に支えていただき、実り多い楽しい1日が過ごせました。
子どもたちもよく考え、がんばりました。こんな状況の中でもいかにバスの中での過ごし方を充実させるか。学習係やレク係は、事前に調べたことやクイズをビデオで撮影し、バスの中で流しました。クイズへの解答は挙手することでクリア。好みの歌を集めたCDも作成されており、心の中で一緒に歌いました。おかげでバス酔いする人は一人もなく、快適にバスの中を過ごすことが出来ました。

諏訪では「下諏訪今昔館・時計工房」と「諏訪大社下社」を見学しました。時計工房では置き時計づくりを体験しました。グループに一人ずつ専門の技師さんがつき、作り方を丁寧に教えてくれました。自分でつけた針がカッチンカッチンと動いたときは、ちょっと感動でした。思い思いのデコレーションをしてマイ・オリジナル時計が完成。いい記念の品が出来ました。

その後敷地内にある「水運儀象台」を見学しました。「水運儀象台」は900年前に中国で作られた設計図を元に建てられた、水力で動く大型天文観測時計で、デモストレーションを見た後中に入って見学も出来ました。また、展示物や映像で諏訪の御柱祭や時計の歴史などの学習もできました。

諏訪の最後は諏訪大社秋宮でお参りしました。建てられている御柱も見てきました。みんな真剣にお参りしていたので、きっと願いが叶うでしょう。

昼食は安曇野へ行き「大王わさび農園」でいただきました。広い面精一杯にわさびが植えられている様子を見学した後、ちょっぴりわさびが効いているおかずが入ったボリューム満点の食事に大満足でした。

昼食の後は松本空港を見学しました。定期便の発着陸は見られませんでしたが、民間でチャーターしたチャーター機が飛び立つ様子を見ることが出来ました。消防航空救助隊の皆さんの説明では、救助訓練の様子を見せていただきました。けが人の役に一人の子が選ばれ、実際に救助していただくという貴重な体験もさせていただきました。

見学の最後は松本城へ行きました。ここは子どもたちの見学希望一番人気だったところです。平日の閉園近くの時間でしたが、少し並んで待ちました。やっぱり人気があるんですね。中に入ると、その階段の急さにとても驚いていました。「何これ、もはや壁じゃん!。」と言っている子もいるくらいでした。

帰校したときはすっかり暗くなっていましたが、とても充実した社会見学になりました。この充実感が味わえたのは当日だけでなく、むしろ準備のために学んで来た内容と子どもたちの準備の姓かだと感じました。学習係、レク係はもちろん、行動係は何回もリハーサルを重ねていましたし、全体でも並び方や写真の体系確認など、当日までの道のりを大事にしてきました。
また、一つ大きく成長した37名の5年生。これからも力を合わせていろいろなことにチャレンジしてほしいです。

ページの先頭にもどる

タブレットでドリル学習

座光寺小学校では、クラスみんなが交代で使える台数のタブレットが整備されています。
飯田市では、今年の11月からは全児童生徒に一人1台タブレットを準備してくださるそうです。
今は、学校でドリルに使ったり授業に使ったりしながら、学力向上のためにどんな使い方ができるか、どんどん実践しているところです。
今日5年生は、算数の単元が終わり、復習と定着のためにタブレットを使ったドリル学習をしていました。

基礎的な易しい問題からちょっと難しい問題まであり、自分で選んでチャレンジしていけるので、どの子も集中して取り組んでいました。

自動的に答え合わせをしてくれるので、間違いにすぐ気づくことができます。また、間違いの多い問題やみんなで確かめた方がいい問題は、電子黒板に大きく映し、全員で考え合う場面もありました。

ICT機器を上手に取り入れて、わかりやすい授業や学力向上につながるように、子どもたちと共にしっかり使いこなしていきたいと思います。

ページの先頭にもどる

田植え

全員が登校できるようになり二日目。休校期間中に地域講師の皆さんや保護者の皆様のお力をお借りして代掻きを済ませていました。
学校でお借りしている田んぼで、5年生が自分たちのお米を作る総合的学習がはじまりました。田植えは自分たちでやらなきゃ、自分たちで育てる気持ちが育たない!と、今年だけは大人たちが学びの環境を整えて今日の田植えを迎えました。
5年生はお尻をついてしまったときでも大丈夫なように着替えをもって登校し、準備はバッチリ。
田んぼで話を聞いた後、さっそく横一列に並んで田植えを始めました。

はじめは恐る恐る植えていた子どもたちですが、慣れてくるとスピードがあがり、1時間たたないうちに田んぼ一面に行儀良く稲が植えられました。

みんなの気持ちを一つにしながら、最後まで同じスピードで横一列に植えていったのもすごーい(拍手)

田植えまでの環境を整えてくださり、田植えもそしてこれからのお米作りをご指導頂く地域講師の皆様、保護者の皆様、ありがとうございます。収穫までの間、よろしくお願いいたします。

ページの先頭にもどる

5年2組のベスト1

5年2組の子どもたちが選んだ「ベスト1」の活動は『大縄飛びで300回達成!』。
学級活動の一環として1年間を通して大縄飛びを続けてきた5年2組の子どもたちですが・・・。担任を含めて、いつも大縄飛びに熱中するあまり、写真が無い…。うーん、残念。

子どもたちが『大縄飛びで300回達成!』をクラスのベスト1に選んだ理由は?

1年間続けてきて、なかなか回数は伸びなかったけど、みんなで声を掛け合ったり、並び方や跳び方を工夫したりしました。練習をたくさんやって、目標に向かってだんだんと飛べる回数が増えていきました。そして目標の300回に到達しました。\(^o^)/

大縄飛びの写真は無いけれど、秋、全員で撮った集合写真にクラスとしての

団結や繋がりが生まれてきて、クラスとしてまとまってきた仲の良さが感じられますね。(^_-)

ページの先頭にもどる

5年1組のベスト1

5年1組の子どもたちが選んだ「ベスト1」の行事は『愛知方面社会見学』。
トヨタ自動車工場の見学、南知多ビーチランドで地引き網を体験しいろいろな魚のことを知り、採れた魚で潮汁をいただいたりバーベキューをしたりした昼食。そのあと水族館やイルカショーを見学したこと。

5年1組の子どもたちが「ベスト1」に選んだ理由は?
・南知多ビーチランドでの班別行動が楽しかった!

クラス替えがあり、新しく5年1組として出発した子どもたち。社会見学について話し合ったり自分たちで計画したりしながら、クラスとしてのまとまりと絆を深めていったんですね。(^_-)

ページの先頭にもどる

児童会新役員任命式

児童会選挙で来年度の児童会長が決まり、5年生の中では新児童会組織が固まってきました。今日は5年生の学年集会で児童会役員の任命式が行われました。新会長より各委員会の前期後期の委員長が発表され、児童会長から任命書が渡されました。「○○さん、~~委員会役員に任命します。よろしくお願いします。」という会長の言葉に任命された子も、見守っている子も背筋が伸び、「いよいよ自分たちでこの学校を引っ張っていくんだ。いい学校にしていくんだ。」という思いが伝わってきました。任命式の最後には児童会の歌をみんなで歌い、さらに気持ちを高めていました。

児童会新役員のみなさん、5年生のみなさん、これからよろしくお願いしますね。

ページの先頭にもどる

5年生 収穫祭

春の田起こしから始め、代掻き、田植え、毎日の成長観察と「お米作り」を続けてきた5年生。楽農隊の皆様に支えていただき教えていただきながら、自分たちでも毎日田んぼへ足を運び深く関わってきたので「これは自分たちが育てたお米だ。」という意識が持てました。
今日の収穫祭ではお家の皆様や楽農隊の皆様をお招きして、自分たちが育てたお米の味が、一番分かるメニューとして『おにぎり』『豚汁』を作りました。

「・・・ぼくが一番楽しみだったのは、やっぱりおにぎりととん汁を食べることでした。いざ教室でおにぎりを作ってみると、普通に作るのも楽しくて、もっと楽しみになりました。食べてみるとすごくおいしくて、とん汁も3杯くらい食べました。楽農隊の人たちにありがとうの気持ちをしっかり伝えられたし、歌も本当にうまくいって、いい収穫祭になったと思います。」(児童の日記より)


収穫祭で使わなかったお米は、お家の皆様に買っていただく経験もできました。自分たちの作ったお米を‘おいしい’と自信を持ってすすめられる経験は、ちょうど社会科で学習してきた「地産地消」や「食の安全・安心」にもつながります。
発表や合唱も含め、この収穫祭が各クラスや学年で大きなステップアップになっていくと思います。

 

ページの先頭にもどる